東京経営短期大学 > #お知らせ > スポルディング社との調印式と記者会見開催

スポルディング社との調印式と記者会見開催

2018年9月2日(日) 東京経営短期大学にて 、来春創部される女子バスケットボール部に関連し、スポルディング・ジャパン株式会社との体育会パートナー企業としての産学連携協定の調印式と記者会見が行われ、同時にチーム名の『Berry‘s』、チームロゴ、新ユニフォームを発表しました。

記者会見には、本学の増田学長、スポルディング・ジャパン株式会社の佐々木豪一社長の他、新設される女子バスケ部GM兼体育会スポーツマーケティング室長の近藤洋介氏、元・女子バスケ日本代表でアソシエイトコーチに就任予定の内野眞未氏、同ヘッドコーチの内野翔太氏が同席しました。増田学長から「エンジョイスポーツをテーマに、チームメンバーが愛し、短大の仲間から応援され、地域から親しまれるチームづくりをしたい」と話がなされました。

また同日、記念イベントとして、子どもを対象にした“やわらかいボールであそぼう”、高校生向けの“バスケットボールクリニック”が開催されました。

本学の体育会は、「エンジョイ!スポーツ!」をテーマに、新しいカレッジスポーツを提案していきます。

  LINEで送る