東京経営短期大学 > #トピックス > 「平成30年度 入学式」を挙行しました。

「平成30年度 入学式」を挙行しました。

「平成30年度 入学式」が4月7日(土)、東京経営短期大学 3階「アリーナ」にて挙行されました。当日は、「経営総合学科」と「こども教育学科」の新入生のほか、各界からのご来賓の皆さま、また、多くの保護者の皆さまにもご臨席を賜わり盛大な式典となりました。

本学の入学式は、一般的な入学式とは異なり、入学後早くキャンパスライフになじんで欲しいという思いから、式典と学内の様々なプロジェクトを紹介する2部構成が特徴です。
式典では、各学科長から全新入生の呼名がなされた後、増田学長より入学許可宣言がなされました。ご来賓を代表して、本学客員教授の埼玉県戸田市の菅原文仁市長、同じく株式会社ヒト・コミュニケーションズの安井豊明社長、続いて、株式会社日経BPの田村俊和 取締役経営メディア統括から、新入生へ熱い激励をいただきました。

後半の第2部では、一転、軽やかなBGMとともに本学が誇る教職員による自己紹介が行われ、会場内にドローンが飛び立つなど、それぞれオリジナリティあふれるプレゼンとメッセージに会場は大変盛り上がりました。

さらに、学内塾の「村田塾」、「キャリア塾」、新たなに始動する公務員対策の「志高会」と、体育会「女子バレーボール部」と「空手部」の紹介が各担当からなされました。また、今年2月に実施し大変好評を博しましたハワイ短期留学について参加学生から報告がなされると新入生も興味津々で聞き入っていました。

最後に、4月26日に学内で開催される「ヤングアメリカン」を招いてのワークショップの紹介が、こども教育学科の2年生のダンスパフォーマンスとともに行われ、会場は再び盛り上がりました。新入生の皆さんには、明日からはじまる学園生活、挑戦する学びについて、しっかりとイメージができたことと思います。これから2年間一緒に頑張りましょう。

 

  LINEで送る