村田塾 | 東京経営短期大学

重要なお知らせ

東京経営短期大学

English

学内塾

簿記はビジネスに必須のスキル!

村田塾

簿記を軸にしながら社会人に必要な正確性、計算力、忍耐力、思考力などの能力を高めよう!

 

簿記を通じた能力向上により、創志学園が掲げる「夢・挑戦・達成」を体現する村田塾。

村田塾では、日商簿記3級~1級や全経簿記能力3級~上級といった簿記検定やFP(ファイナンシャルプランナー)を対象とします。
これらの資格・検定に合格することを目指して学生一人ひとりのレベルに合わせたきめ細やかな指導を行っていくことにより、幅広い就職活動や自己の将来を考える機会といった学生の将来につなげていくための学内塾です。
 

 

 

 

大学カリキュラムと連動

村田塾では、平日週2回の簿記の授業が聞きっぱなしにならないよう、授業の進度に連動して土曜日の演習科目として学修を進め、これにより簿記能力の向上を目指します。また、簿記検定が一段落した期間を利用してFPの集中講義や演習を進め、幅広い就職活動に備えるとともに自己の将来のお金のやり繰りを考えるための知識を養います。

 

熱血教員による個別指導

本学に入学する学生の簿記学習経験は様々です。また、実際に授業を進めた際の学生の理解度も様々になります。そこで、村田塾ではクラス全体の演習の授業の中で単に問題の解説で終わるのではなく、学生一人ひとりの演習結果に応じて計算力や文章の読解力を把握して個別指導を進めます。

 

検定試験対策を重視

村田塾では、簿記・FPのいずれにおいても問題演習を重ねることにより、間違いやすい論点・苦手な論点の克服に繋げます。
このプロセスを通じて、資格・検定試験の合格を目指すとともに、能力の向上を養います。

 

村田塾の始まり

村田謙造が創設した「銀行会社事務員養成所」の教育理念と指導実績は、その後、村田簿記学校、東京経営短期大学へと引き継がれ、簿記・会計や税務のエキスパートを数多く輩出してきました。
村田塾は、その教育理念と指導実績をもとに運営される学内塾であり、簿記・会計、税法に関する知識技能の修得を目指して学生の指導にあたります。

塾頭からのメッセージ

村田塾 塾頭 恒 准教授

簿記が得意な方と苦手とする方に分かれがちですが、苦手になってしまう原因の一つとしてインプット段階でうまく理解できなかったり考え込んでしまったりするため肝心のアウトプットをやろうとしない点が挙げられます。
しかし、簿記の知識の定着にはアウトプットが欠かせません。村田塾を利用して苦手意識を克服し得意という気持ちを伸ばし、ビジネスに必須のスキルを手に入れましょう。

資料請求↑
閉じる×