こども教育学科教員紹介 | 東京経営短期大学

東京経営短期大学

English

こども教育学科

保育士・幼稚園教諭としての専門知識やスキルはもちろん、 保護者を支え、園運営に貢献し、地域に信頼される幅広い知識と技能をもった人材を育成します。

社会人基礎力や現場力を磨き、子どもを第一に考え、自ら進んで動くことができる保育士、幼稚園教諭を目指します。

こども学科教員紹介

  • 黒澤 寿美 副学長

    あなたの夢を全力で応援します!

    保育者という仕事は、「子どもの命と未来を預かる仕事」です。東京経営短大では、保育技術だけでなく、先生としての資質や責任感を高めるカリキュラムを通して、専門性の高い保育者を育てます。あなたの夢は何ですか?保育士?幼稚園の先生?それとも小学校の先生?
    こども教育学科では、保育士・幼稚園教諭2種免許に加え、小学校教諭2種免許も取得することができます。
    「子どもの笑顔をみるのが大好き」そう言える素敵な先生になる!というあなたの夢を全力で応援します。


    担当科目 :「保育者論」「乳児保育」「保育内容総論」など


    プロフィール

    博士(児童学)聖徳大学大学院児童学研究科 児童学専攻博士後期課程修了
    横浜市立小学校教員在職中に内地留学にて上越教育大学大学院修士課程修了 修士(教育学)、その後、環太平洋大学短期大学部附属幼稚園園長、環太平洋大学短期大学部副学長を経て現在に至る。

  • 佐久間 康 学科長

    遊びと子どもが大好き。目指そう! 保育・幼児教育のスペシャリスト。

    今、子どもたちを取り巻く「子育て環境」は大きく変化しています。今こそ、子どもの健やかな育ちを支え、一人ひとりの子どもの「こころ」と「からだ」の発達に合わせて、子どもたちをぐんぐん伸ばす保育・幼児教育のスペシャリストが必要です。本学科では、資格・免許取得に加えて、地域の子どもたちがキャンパスに集う「子育て支援イベント」の企画・運営をはじめ、更なる「幼児教育の理論」と「保育現場の実践力」を培います。


    担当科目 : 「体育Ⅰ」「体育Ⅱ」「子どもと健康」など


    プロフィール

    修士(体育学)。日本体育大学大学院修了。同大学助手を経て現職。 全国私立短期大学協会体育大会委員

  • 尾崎 康子 教授

    誇りと自信を持った保育士を目指そう!

    子どもは素晴らしい能力と素質を持って生まれてきます。それに大人がどのように向かい合うかによって、子どもは大きく影響を受けながら育っていきます。その際、保育士はとても重要なキーパーソンです。誇りと自信をもった保育士を目指してください。


    担当科目 : 「発達心理学」「家庭援助論」「障害児保育」


    プロフィール

    博士(心理学)。臨床発達心理士スーパーバイザー、臨床心理士。
    財団法人小平記念日立教育振興財団日立家庭教育センター主幹研究員,富山大学人間発達科学部教授、相模女子大学人間社会学部教授を歴任。日本発達心理学会評議員・理事。

     

  • 小木曽 宏 教授

    「子どもは未来の宝」、そして「私たちの希望」

    保育士として社会に伝えて行くこと!それは「子どもは未来の宝」、そして「私たちの希望」「子どもの虐待」「子どもの貧困」、子どもたちは親や環境を選べません。そういう子ども達を「地域」や「社会」が育てていけるように、保育士の役割が求められています。そして、世界の子ども達にも目を向けていきましょう。


    担当科目 : 「社会福祉」「保育実習(施設)」「専門ゼミナール」など


    プロフィール

    文学士。千葉県児童自立支援施設、千葉県児童相談所児童指導員,児童養護施設長を歴任。日本子ども虐待防止学会評議委員、千葉県児童福祉審議会「児童虐待死亡事件検証委員会」副委員長、千葉県虐待対応専門委員。

  • 古谷 和子 専任講師

    子どもの感性を育てよう!

    子どもは全身をアンテナにして、感じ、考え、行動します。そして感じたことは表現となって無限大に広がっていきます。皆さん自身も感性を磨き、音楽を通して子ども一人ひとりの感性を育て、心の色を引き出せる保育者を目指しましょう。


    担当科目 : :「音楽」「声楽」「器楽演習」「子育て支援実践演習」など


    プロフィール

    修士(教育学)。武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、明星大学大学院教育学研究科教育学専攻博士前期課程修了。イタリアコルテミーリア音楽コンクールにて指導者賞受賞。リトミック指導者資格取得、保育者養成校を経て現在に至る。

  • 石川 基子 専任講師

    人は、生まれながらにして素敵な表現者です。

    子どもは、ことばにならない様々な”思い”を全身を使って表現してくれます。その”思い”を保育者として、人として受け止めて共感し、自らの”思い”も全身で表現してみましょう。子どもの表現は、大人が今まで当たり前だと思っていたこと、気にも止めなかったこと、みえなかったことを気付かせてくれます。それをしっかりと受け止めて、自らも魅力的な表現者になってください。


    担当科目 :「子どもと表現」、「子どもとあそび」、「幼児体育」など

    プロフィール

    修士(スポーツ科学)。日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科修了。私立中学校・高等学校での保健体育科常勤講師、保育者養成校での非常勤講師を経て現在に至る。その傍ら、幼児から高齢者まで全世代の運動指導を行う。また、ダンサーとして国内外の多くの舞台に出演。国内の舞踊コンクールでの入賞多数。

  • 神野 雄 専任講師

    「人間関係」を心理学から見つめ直す

    皆と一緒なら赤信号を渡ってしまう,誰かのことが好きで好きで嫉妬してしまうなど,他者の存在は私たちの心や行動を大きく揺さぶることがあります。保育者として,また1人の社会人として将来皆さんが他者とどう関わっていくか,心理学の視点から一緒に考えていきましょう。


    担当科目:「人間関係の心理学」「臨床心理学」「教育心理学」など


    プロフィール

    博士(学術)。神戸大学大学院人間発達環境学研究科博士課程後期課程人間発達専攻修了。

  • 佐々木 郁子 専任講師

    ていねいな保育を目指して学ぶ

    子どもの発達の過程は複雑で個人差も大きいことから、保育者には専門性が求められます。それは、単なる技術的なことだけではありません。
    子どもを子ども扱いするのではなく、一人の人間として向き合おうという気持ちで保育を学ぶことが必要だと思います。子どもの思い、願い、訴えをていねいに拾い、それに沿った保育実践をしていきましょう。


    担当科目:「保育実習」「教育実習」「キャリアサポート」「子育て支援実践演習」など


    プロフィール

    東京家政大学家政学部児童学科育児支援専攻卒業。保育士として働きながら埼玉大学大学院教育学研究科生活創造分野に置いて研究を行い現在に至る。
    昭和女子大学現代教育研究研究所研究員。幼稚園教諭1種免許、保育士免許、幼児体育指導員、ベビーシッター、おもちゃインストラクター、介護ヘルパーの資格を持つ。

資料請求↑
閉じる×