ホテルオークラとの産学連携について | 東京経営短期大学

東京経営短期大学

English

2020.08.17ホテルオークラとの産学連携について


本学と、株式会社ホテルオークラ(東京都 代表取締役社長:荻田敏宏)は、2020年8月1日に産学連携協定書を締結し、2021年度より経営総合学科に「観光ホスピタリティコース supported by Hotel Okura」を開設いたします。
本学のある千葉県は、国際空港のある成田や房総地域、舞浜周辺など、日本を代表する観光エリアを抱える観光立県です。
国内だけでなく海外からも外国人観光客を迎え、観光業は重要な産業の1つであります。
そうした地元地域の特徴を活かし、更に地元からの観光振興を担う人材育成ニーズもあり、来年度より新コースを開設します。

新コースの名称「観光ホスピタリティコース supported by Hotel Okura」には、ホテルオークラの名称が入り、双方の強みを活かし、日本の観光業が誇るホスピタリティマインド(おもてなしの心)と、ビジネスマインドの両面を備えたホテルマン・ウーマンの育成を目指します。
特に、ホテルマン・ウーマンの所作及びサービススキル等の基礎基本、そして、現場から学ぶ実践知(インターンシップ)については、オークラグループで長年培われた“おもてなし”の教育ノウハウを活用し連携して指導してまいります。
【観光ホスピタリティコース】PRESS RELEASE

(左)株式会社ホテルオークラ 代表取締役社長 荻田敏宏氏、(右)増田学長 於:「The Okura Tokyo」

資料請求↑
閉じる×