地域子育て支援活動「TMC いちごひろば」を開催しました。(第1回〜6回) | 東京経営短期大学

東京経営短期大学

English

2019.10.23地域子育て支援活動「TMC いちごひろば」を開催しました。(第1回〜6回)

12月15日(日)

今年度最終回となる「いちごひろば」が開催され、地域のお子様19名とその保護者様15名が参加されました。来校されたお子様たちは学内中のクリスマスの装飾に大興奮で、目をキラキラさせていました。



今回のお子様向けの「いちごキッズ」のテーマは「クリスマス会-サンタさんになっちゃおう!-」。サンタさんの袋の製作や音楽あそびなど、クリスマスにちなんだ内容が盛りだくさんで、子どもたちが自由な感性で楽しむ姿が見られました。

また、最後には学生たちによる手作りのクリスマスカードやスノードームのプレゼントもあり、子どもたちは喜んで受け取っていました。

同時開催された保護者様向けの子育て支援講座「いちごカフェ」では、岸専任講師による「わらべうたと伝承遊びを使った親子・兄弟姉妹のふれあい」というテーマであやとりやわらべうた、折り紙でのリース作り等が行われました。
ご参加の皆様からは、「リース作りが無心になれたので良かったです」「毎回楽しく、勉強になります」等のお声を頂くことができました。

今年度のいちごひろばはこれで最後となりますが、来年度はさらに充実した催しを開催できればと存じます。今回に限らず、今年度ご参加頂けた全てのご家族様に、この場を借りて心より御礼申し上げます。
今年度のいちごひろばにご参加頂きまして、誠にありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

いちごひろば準備担当教員・学生一同

10月19日(土)

今回はなんと、本学の文化祭「秋桜祭」といちごひろばが同時開催されました。1~8歳の地域の子どもたち14名と保護者の皆様にご参加頂けました。

今回のお子様向けのいちごキッズは開催時期に合わせ「ハロウィーン運動会」というテーマで、ハロウィーンのイメージに合わせた運動を楽しんで頂きました。カーテンのついたトンネルをくぐりぬけたり、ボールをお皿から落とさないように走ったりと、寒くなり始めたこの時期にも元気いっぱいに子ども達は走り回っていました。リピーターが多く子ども同士も顔なじみだったのもあり、年上の子が年下の子のお世話をする姿やお友達を応援する姿もみられました。

保護者様向けのいちごカフェでは「我が家の親子関係を考えてみよう」というテーマで本学教授の尾崎康子先生からのお話があり、またグループで話題を共有する時間も取られました。ご参加の保護者様の方々からは「子供が同じ年齢のママさん達とお話出来て楽しかったです」「子育てをなかなか振り返ることがないので、いつもテーマが興味深くて考えさせられます」等、お褒めの言葉をいただきました。





9月29日(日)

暑さの残る日での実施となりましたが、1~6歳の地域の子どもたち9名とその保護者の皆さんにご参加頂けました。今回のいちごひろばは「親子でどうぶつ運動会」というテーマで、さまざまな運動を楽しんで頂きました。

ラジオ体操の音楽にのせて動物の動きを真似してみたり、マットやボールを使って障害物走をしたり、ビニール袋のそりを保護者の方にひいてもらったりと、いつもとは少し違う遊びを体験して頂けたのではないでしょうか。

ご参加の皆様からは「教え方がわかりやすくとても良かったです」「子ども一人ひとりに積極的に関わって頂きありがとうございます」「やさしくよく気がつく学生さん達で、楽しい時間を過ごせました」等のお褒めの言葉をいただきました。今回は保護者の方々に向けた「いちごカフェ」はお休みでしたが、親子で一緒に運動する活動も大いに楽しんで頂けたようです。






8月25日(日)

今回は夏休み最中の開催でしたが、1~7歳の地域の子どもたち21名とその保護者の皆さんにご参加頂けました。今回のお子様向けの「いちごキッズ」は「水の遊び場」というテーマで、複数の内容が行われました。最初はペットボトルをマジックやテープで装飾した自分だけの手作り水鉄砲を作成しました。

水鉄砲が完成した後は、リバティスクエアで水鉄砲を使った的当て、他にも魚釣りやシャボン玉で遊んでもらいました。まだ暑い毎日ですが、子どもたちが水で遊ぶ姿は涼しげな光景でした。

また、保護者向け子育て支援講座として同時開催された「いちごカフェ」では、藤川准教授を中心に保護者間で「子育て座談会」が開催されました。「しつけ」、「イヤイヤ期」、「トイレットトレーニング」の3つのテーマで話し合いがなされ、ご参加の皆様からは「他の人の話を聞いて参考になりました」「みんな同じことで悩んだり困ったりしていることを知るだけでも安心できました」等の感想をいただきました。

保護者の方の毎日の育児への不安を座談会で共有するという初の試みでしたが、今後の取り組みに活かすことができればと思います。





7月14日(日)

『第2回 TMCいちごひろば』が学内で開催されました。第1回に引き続き、あいにくの悪天候でしたが、今回は1~6歳の地域の子どもたち16人と保護者の皆さんに参加頂きました。今回はご両親でご参加されている方や祖父母の方も多くいらっしゃいました。

今回お子様向けの「いちごキッズ」では「わんぱくふぇすてぃばる」というテーマでした。ペットボトルを再利用した手作り水鉄砲では皆で協力して的当てを楽しんだり、ダンボールシューターでは、ボールの転がし方、的の組み方など、子どもたち同士が一緒になって工夫して楽しむ姿が見られました。

また、保護者向け子育て支援講座として同時開催の「いちごカフェ」では、「子どもの心に寄り添うことばがけ」というテーマで藤川准教授から保護者の皆さんにお話がありました。ご参加の皆さんからは「普段少し困っていることなど、そうか!と思えて気持ちが楽になります」「心に響く内容でした」「学生さんがしっかりとしていて自分の役割をこなしていて関心しました」等のお褒めの声をいただきました。






6月30日(日)

こども教育学科による地域子育て支援活動のイベント「TMC いちごひろば」が学内で開催されました。あいにくの悪天候でしたが、近隣地域の子どもたち20人が参加してくれました。

「いちごキッズ」では、1歳~7歳の子どもたちを対象に、こども教育学科の学生が「ぺたぺたワールド」というテーマで、スポンジと絵の具を使ってあじさいや魚の絵を完成させました。お姉さんやお兄さんとに手伝ってもらいながら、自由に表現する子どもたちの表情は、とてもうれしそうで、晴れ晴れとしていました。

また、保護者向け子育て支援講座として同時開催の「いちごカフェ」では、「子どもの適切な行動を引き出すために」というテーマで小木曽宏教授が保護者の皆さんへお話をしました。参加者した皆さんからは「子どもがどう感じているかという目線を持つことができた」、「またぜひ参加させていただきたいです」「学生さんたちがフレンドリーで安心しました」等の感謝の声をいただきました。





閉じる×

学校説明会
2020年2月15日(土曜日)
こども教育学科説明会 受付中
毎週水曜日(16:30〜)
詳しくはこちら!