こども教育学科 ランチタイムコンサート開催 | 東京経営短期大学

東京経営短期大学

English

2021.10.06こども教育学科 ランチタイムコンサート開催

緊急事態宣言がいよいよ明ける前日、9月30日に第3回目のランチタイムコンサートが開催されました。

プログラムは、それぞれ自分たちの選曲です。
「ウィーアー」 ワンピースより   1年生 関口真結花&松村花乃
「扉をあけて」 アナと雪の女王 2年生 遠藤莉奈&本間里奈
「アシタカとサン」 もののけ姫  2年生 荒川菜々香&下村遥佳

ピアノ未経験で入学した学生も親友に誘われ、引っ張られながらどんどん上達していきました。

普段はこどものうたの伴奏を一人で練習している学生達が、好きな曲を好きな友達と練習を共にし、

本番で多くの聴衆から温かい拍手をいただいたことは、今後指導者になった時、音楽を共有できる素晴らしさを子どもたちに伝えてくれることでしょう。

アンケートでは
「経験者が初心者を支えながら協力している姿が伝わって来ました!」
「今まで経験がなくてもあそこまでの演奏ができることに驚きました。連弾は自分の技術だけでなく、2人の息を合わせる事も大切だと思うので、それが自然とできている事が素晴らしいなと感じました。」
「普段から身近で練習していたのを見ていたので、成功してとても良かったし上手に弾けていました」
「2人とも感情が入っていて学生ホール全体の雰囲気が変わったと思った。二人で一つのような連弾だった。」
「何かに吸い込まれてしまいそうな感じで2人の相性がよく、また聞きたいと思いました」
など、たくさんのご感想をいただきました。

また演奏者は、
「友達と一緒に弾くことができてとても楽しかったです。沢山練習して弾けるようになって、強弱や相手と合わせるという事も学べたので良かったです。」
「たくさんの人に応援してもらえて、温かいコンサートでした!」
「このような発表する場があるのはとてもいいなと思いました。弾いたことが自信につながるなと思います。これからも続けて欲しいなと思いました。
連弾ならピアノが苦手な人でもチャレンジできるところがとてもいいと思うのでピアノが苦手な人もチャレンジしてもらいたいです。」
と良い学びに繋がりました。

MCを任された1年生の平林龍生にも
「急遽MCをしたのにもかかわらず進行よかった。言葉遣いが綺麗だった。」
などお褒めの言葉をいただきました。

ご観衆の皆様、ありがとうございました。次回は10月15日にフルートアンサンブルです。どうぞご期待下さい。

資料請求↑
閉じる×