【図書館】K-BOOK特集―韓国文学・韓国絵本・韓国語学習本― | 東京経営短期大学

東京経営短期大学

English

2021.11.04【図書館】K-BOOK特集―韓国文学・韓国絵本・韓国語学習本―

韓国ドラマ、Kポップ、韓国グルメ、韓国コスメに続いて、最近では、K文学が新たなトレンドとして注目されています。
特に、チョ・ナムジュ著の『82年生まれ、キム・ジヨン』、ソン・ウォンピョン著の『アーモンド』は、日本でもベストセラーとなり、K文学の代表的作品とされています。

今回の図書館の展示では、K文学に限らず、韓国に関する様々なジャンルの本を集めてみました。
韓国クイズも用意してありますので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

天女銭湯


粘土人形とジオラマを写真撮影する手法で、絵本をつくりあげる著者のペク・ヒナさん。
自称人形いたずら作家のペク・ヒナさんがつくりあげる世界は、独特なファンタジーとユーモアにあふれています。
「天女銭湯」以外に、「あめだま」や「おかしなおきゃくさま」などいくつかの絵本が日本語で翻訳出版されています。

よじはんよじはん


まだ、ふつうの家には時計がなかったころのお話です。
女の子が隣の店に時刻を聞きにいくおつかいを母親から頼まれます。
時刻を聞きに行ったものの、ついついあちらこちらに寄り道をしてしまう女の子の様子がほほえましく描かれています。

「日本語」から始める書き込み式韓国語BOOK


ハングルのしくみから勉強できる韓国語学習の入門書。
ハングルには全てカタカナで読み方が表記されているので、まだハングルに慣れていない学習者でもわかりやすいです。韓国語を履修している学生は、ぜひ復習用にご利用ください。

関連するタグ:
資料請求↑
閉じる×